クレジットカードとカードローンの使い方!

クレジットカードとカードローンの使い方

金融商品であるクレジットカードと、カードローンは近いものだと思っている人もいますが、それは誤解です。用途が異なるために、審査でチェックする着眼点も違います。カードローンの役割はお金を貸すことであり、クレジットカードのように店頭でのカード決済には利用できません。そのため、買い物をしたりサービスを受けるということは出来ません。一方のクレジットカードには、キャッシング機能がついていることが多く、キャッシング枠内であれば、何度でも自由にお金を借りることが出来ます。融資時の金利や、1回で貸付が可能な限度額については、クレジットカードのキャッシングよりカードローンが有利です。金利は高めで、一度に借りられる金額も少ないですが、クレジットカードのキャッシングは、すぐにお金が欲しいという時に重宝するものです。カードローンは、カードを持ち続けていいても、年会費を徴収されることはないですが、クレジットカードには年会費がいるものがあります。金融会社によって、独自のサービスをつけたカードローンも多く出ていますので、まずは情報収集から入るといいでしょう。申し込みをすることが出来る年齢の下限は20歳であることが多いのですが、上限については会社により異なりますので、必ず確認しておくようにしましょう。※重要語「クレジットカード」「ローン」正しく利用している限りは、クレジットカードも、カードローンもとても便利なものですから、無理なく返せる範囲で借り入れましょう。