低金利のカードローンとは!

低金利のカードローンとは

銀行や信販会社、消費者金融会社など、カードローンの運営会社はいくつもあります。低金利で融資を受けたいのであれば、クレジットカードを使ってのカードローン利用は、しないでおいたほうがいいでしょう。消費者金融系と、信販系は、総量規制の枠内でのみ融資をすることができます。総量規制とは、収入に応じて一定額以上を借り入れることができないようになっています。借入額が多くなればなる程、金利が低くなる傾向があるので、総量規制によって、低金利が望めないようになっているのも事実です。銀行では、総量規制に関係なく融資が受けられるものもあります。借り入れ上限が100万円を越えるような借り方も、銀行系ローンならできます。信用をベースにしている銀行であれば、融資を受けてもトラブルにはなりにくいと考えている人もいて、カードローンでも人気です。まとまった金額を借りる方が金利を低く抑えられるので、そこは借入限度額が大きい銀行系の強みでもあります。手続きが煩雑で、審査が終わるまでの待機日数が長く、審査が厳しいという点が銀行系カードローンにはありますので、そこは理解しておきましょう。金利が低ければ低いほどメリットはありますが、借り入れ時の金額によって変動するので、事前に確認しておいた方が無難です。同じ銀行系のカードローンでも、借り入れ時の状況によっては、消費者金融の金利と変わらないくらい高くなるケースも見かけます。どのくらいの金利で融資が受けられるのか、カードローンを借りる前に情報収集をしましょう。